温泉の成分効能ガイドTOP > 温泉の『資格』 > 温シェルジュの説明

温シェルジュの説明について

 

あなたは「温シェルジュ」をご存知ですか!?
簡単に「温シェルジュ」とは、温泉とコンシェルジュの造語のことを言います。
コンシェルジュとは、ホテルのサービスの中で、宿泊客のあらゆる要望、手配、案内などに対応する職務に就いている人の職名のことです。
どんな要望にも応えることができるように訓練されています。そんなことから、「(客の要望に対し)決してNO(いいえ)とは言わない」とされています。
そのコンシェルジュとの組み合わせということからみても温シェルジュの目指しているものが想像できると思います。

 

温シェルジュの創設に当たり、NPO法人のエイミックがあります。
エイミックとは、医療関係者を中心にして、インターネット上で正確かつ迅速な情報交換を行う為に、平成11年から、「熱海メディカルインターネットクラブ(Atami・Medical・Internet・Club)」としてスタートしました。
平成13年に法人化しています。その際に、クラブ名の頭文字をとって「AMIC」を「エイミック」としています。

 

エイミックの会員は、企業や宿泊施設、商店の経営者の他に、色々な資格についての有資格者が大勢いますが、例えば、温泉利用指導者、スポーツトレーナー、温泉療法医、栄養士、健康運動指導士、鍼灸マッサージ師、アロマテラピストなどが挙げられます。
これからでもわかるように実に多岐に及んでいます。
こういった方々が、医療と温泉を通し熱海を活性化させることに貢献するのに、様々なプロジェクトチームを組んで活動しています。

 

その一つとしては、平成17年に、熱海温泉郷の案内役である温シェルジュを創設しています。
ここでは養成から認定までを行っています。
講習プログラムついては、もちろん温泉全般の知識と、熱海の歴史、名所旧跡、更にはAEDを使用した救命講習もあります。

 

温泉の基礎知識記事一覧

動力泉と自噴泉について

温泉法による温泉の定義については、「地中から湧出する」ということが第一条件とされています。私たちが普段イメージする温泉でも、地中から湧き上がっている、もしくは噴出している状態が...

温泉指南役について紹介します。

「温泉指南役」とは、岡山県にある湯原温泉郷独自の資格です。ご存知ですか!?湯原温泉には、露天風呂の西の横綱と言われる、「砂湯=砂吹き湯」と呼ばれる共同露天風呂がありますが、ご存...

温泉入浴指導員

温泉入浴指導員は、平成15年に厚生労働省によって制定された資格です。「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、厚生労働大臣が認定するものです。※ 常時、温泉入浴指導員を1名以...

バルネオセラピストの説明

あなたは、「バルネオセラピスト」をご存知ですか!?※ 「バルネオセラピスト」=「温泉保養士」とも呼ばれています。殆どの方は、聞きなれない言葉だと思います。「バルネオ...

温シェルジュの説明

あなたは「温シェルジュ」をご存知ですか!?簡単に「温シェルジュ」とは、温泉とコンシェルジュの造語のことを言います。コンシェルジュとは、ホテルのサービスの中で、宿泊客のあらゆ...

温泉ソムリエ

あなたは「温泉ソムリエ」をご存知ですか!?この制度は、新潟県妙高高原にある赤倉温泉が始まりとされています。現在では、温泉ソムリエ協会まで運営しているようになっています。...