温泉の成分効能ガイドTOP > 温泉の『資格』 > バルネオセラピストの説明

バルネオセラピストの説明について

 

あなたは、「バルネオセラピスト」をご存知ですか!?
※ 「バルネオセラピスト」=「温泉保養士」とも呼ばれています。

 

殆どの方は、聞きなれない言葉だと思います。
「バルネオ(Balneo)」という言葉は、温泉を意味します。
ドイツ語の「Balneo・therapie」や、英語の「バルネオ・セラピー(Balneo・therapy)」は、「温泉療法」のことを言います。
そうすると、バルネオセラピストは温泉療法士とも訳せますね。

 

この資格については、福島県いわき市にある社団法人日本温泉保養士協会によって、平成13年に創設されました。認定と養成も日本温泉保養士協会が行なっています。
日本温泉保養士協会としては、日本の温泉文化の原点である湯治(温泉保養)に理解を深めています。その技術や知識を健康事業、福祉事業、観光事業などの様々な分野に活用することのできるスペシャリストの育成、それに伴い現代型湯治健康法(スパウェルネス)の普及を目的として発足しました。

 

バルネオセラピストは、予防医学や温泉医学に基づいており、温泉の保健的機能についての技術、知識を習得して、温泉療法を活用した健康づくりのアドバイスを行うことのできる人のことを言います。

 

認定についてですが、まず協会が実施する講習を終了します。そして認定試験に合格しなければなりません。

 

<講習の内容について>
●温泉分析書の見方、
●温泉療法、
●温泉の基礎、
●入浴事故の防止、
●現代型湯治システムなど11課程に及びます。
これを三日間で修得します。
※ 認定の有効期間は5年間となっています。
※ 認定の更新については更新講習会を受講する必要があります。

 

温泉の基礎知識記事一覧

動力泉と自噴泉について

温泉法による温泉の定義については、「地中から湧出する」ということが第一条件とされています。私たちが普段イメージする温泉でも、地中から湧き上がっている、もしくは噴出している状態が...

温泉指南役について紹介します。

「温泉指南役」とは、岡山県にある湯原温泉郷独自の資格です。ご存知ですか!?湯原温泉には、露天風呂の西の横綱と言われる、「砂湯=砂吹き湯」と呼ばれる共同露天風呂がありますが、ご存...

温泉入浴指導員

温泉入浴指導員は、平成15年に厚生労働省によって制定された資格です。「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、厚生労働大臣が認定するものです。※ 常時、温泉入浴指導員を1名以...

バルネオセラピストの説明

あなたは、「バルネオセラピスト」をご存知ですか!?※ 「バルネオセラピスト」=「温泉保養士」とも呼ばれています。殆どの方は、聞きなれない言葉だと思います。「バルネオ...

温シェルジュの説明

あなたは「温シェルジュ」をご存知ですか!?簡単に「温シェルジュ」とは、温泉とコンシェルジュの造語のことを言います。コンシェルジュとは、ホテルのサービスの中で、宿泊客のあらゆ...

温泉ソムリエ

あなたは「温泉ソムリエ」をご存知ですか!?この制度は、新潟県妙高高原にある赤倉温泉が始まりとされています。現在では、温泉ソムリエ協会まで運営しているようになっています。...