温泉の成分効能ガイドTOP > 温泉の『資格』 > 温泉入浴指導員

温泉入浴指導員について

 

温泉入浴指導員は、平成15年に厚生労働省によって制定された資格です。
「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、厚生労働大臣が認定するものです。
※ 常時、温泉入浴指導員を1名以上の配置が義務付けられています。
このことから、温泉入浴指導員は、入浴方法や温泉についての専門的な知識が必要です。それだけでなく、温泉施設の安全の為の管理、健康づくりの為の指導、温泉施設従業員に対する安全管理、救急措置などの研修の実施なども要求されます。

 

資格を取得するためには、財団法人日本健康開発財団が実施する養成講習会を受講してください。
講習会は2日間で行なわれています。
講習内容については、「温熱生理学(温泉環境と健康)」、「温泉医学(温泉医学総論・各論)」、「健康学(健康増進医学の基礎)」、「リハビリテーション医学」、「入浴プログラム指導実習」の5科目となっています。
また、これと一緒に、消防本部による「普通救命講習」の受講があります。救命技術の認定も必要です。
救命講習については、心肺蘇生法、救急法、AED(自動対外式除細動器)による心臓除細動処置についての実習が行なわれます。
当然のことですが講習受講後、資格認定試験に合格すれば、資格を取得することができます。
※ これらの講習の受講資格は不要となります。
※ 誰でも受講することができます。

 

尚、「温泉利用プログラム型健康増進施設」については、病気を治す為の温泉療養ではなく、健康増進の為の温泉利用に対応可能な施設のことです。
※ 平成21年10月現在、33施設が認定されています。

 

温泉の基礎知識記事一覧

動力泉と自噴泉について

温泉法による温泉の定義については、「地中から湧出する」ということが第一条件とされています。私たちが普段イメージする温泉でも、地中から湧き上がっている、もしくは噴出している状態が...

温泉指南役について紹介します。

「温泉指南役」とは、岡山県にある湯原温泉郷独自の資格です。ご存知ですか!?湯原温泉には、露天風呂の西の横綱と言われる、「砂湯=砂吹き湯」と呼ばれる共同露天風呂がありますが、ご存...

温泉入浴指導員

温泉入浴指導員は、平成15年に厚生労働省によって制定された資格です。「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、厚生労働大臣が認定するものです。※ 常時、温泉入浴指導員を1名以...

バルネオセラピストの説明

あなたは、「バルネオセラピスト」をご存知ですか!?※ 「バルネオセラピスト」=「温泉保養士」とも呼ばれています。殆どの方は、聞きなれない言葉だと思います。「バルネオ...

温シェルジュの説明

あなたは「温シェルジュ」をご存知ですか!?簡単に「温シェルジュ」とは、温泉とコンシェルジュの造語のことを言います。コンシェルジュとは、ホテルのサービスの中で、宿泊客のあらゆ...

温泉ソムリエ

あなたは「温泉ソムリエ」をご存知ですか!?この制度は、新潟県妙高高原にある赤倉温泉が始まりとされています。現在では、温泉ソムリエ協会まで運営しているようになっています。...