温泉の成分効能ガイドTOP > 温泉の『資格』 > 動力泉と自噴泉について

動力泉と自噴泉についてについて

 

温泉法による温泉の定義については、「地中から湧出する」ということが第一条件とされています。
私たちが普段イメージする温泉でも、地中から湧き上がっている、もしくは噴出している状態がほとんどだと思います。
上で言ったように自然に湧出している温泉のことを「自噴泉」と言います。

 

現在は、「湧出」の一つの形として、ポンプにより温泉を汲み上げる方法が含まれました。そんなことで、温泉の定義は大幅に拡大されています。
1977年に比べ、温泉の総数が、2000年現在で約1.5倍になっているそうです。それは、こういった理由が挙げられると思います。
このような動力により汲み上げられている温泉を、「動力泉」と言います。

 

温泉の三大要素として考えられているものに、次の三つがあります。
■「湯道」
■「温度」
■「成分」があります。

 

『湯道』
わかりやすく言いますと、温泉が地中から湧き上がってくる際の通り道のことです。
自噴泉のように、自然現象の一つとして湯道が開いている場合では、カロリーの蓄積と地下水の供給、温泉成分となる地殻成分の溶解などのバランスが、長い年月を経た上で成り立っています。
その為、そうした温泉は温泉成分が大きく変わることも少ないようですね。形容詞通りにコンコンと湧出しています。

 

これに対し、動力泉は、地下深く掘削します。そして人工的に湯道を開けます。
このように動力を利用してお湯を汲み上げており、地下におけるそういったバランスを崩してしまっています。
この場合、新たに正常なバランスが作り出されるまでに、自然に湯道が開く時と同じほどの、想像以上の年月が必要となってしまいます。(汗)
このバランスが作られないままでいると、温泉はやがて枯れてしまいます。(涙)

 

温泉の総数の増加と共に、現在、使われていない温泉の数も倍増しているようですね。(汗)
このデータは、温泉の枯渇と密接に結びついています。(涙)

 

温泉の基礎知識記事一覧

動力泉と自噴泉について

温泉法による温泉の定義については、「地中から湧出する」ということが第一条件とされています。私たちが普段イメージする温泉でも、地中から湧き上がっている、もしくは噴出している状態が...

温泉指南役について紹介します。

「温泉指南役」とは、岡山県にある湯原温泉郷独自の資格です。ご存知ですか!?湯原温泉には、露天風呂の西の横綱と言われる、「砂湯=砂吹き湯」と呼ばれる共同露天風呂がありますが、ご存...

温泉入浴指導員

温泉入浴指導員は、平成15年に厚生労働省によって制定された資格です。「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、厚生労働大臣が認定するものです。※ 常時、温泉入浴指導員を1名以...

バルネオセラピストの説明

あなたは、「バルネオセラピスト」をご存知ですか!?※ 「バルネオセラピスト」=「温泉保養士」とも呼ばれています。殆どの方は、聞きなれない言葉だと思います。「バルネオ...

温シェルジュの説明

あなたは「温シェルジュ」をご存知ですか!?簡単に「温シェルジュ」とは、温泉とコンシェルジュの造語のことを言います。コンシェルジュとは、ホテルのサービスの中で、宿泊客のあらゆ...

温泉ソムリエ

あなたは「温泉ソムリエ」をご存知ですか!?この制度は、新潟県妙高高原にある赤倉温泉が始まりとされています。現在では、温泉ソムリエ協会まで運営しているようになっています。...