温泉の成分効能ガイドTOP > 泉質と特徴 > 温泉名と泉質別特徴(6)

温泉名と泉質別特徴(6)について

 

『炭酸水素塩泉』
ナトリウムイオンを含む重曹泉です。あとマグネシウムイオンやカルシウムイオンを含む重炭酸土類泉に分類されます。

 

■放射能泉■
<特徴について>
ラドン温泉、トリウム温泉、ラジウム温泉とも呼ばれています。
※ 残念ながら効能やそのメカニズムについての詳しい解明はされていません。
極微量の放射能は、生体の免疫機能を高めると言われています。
これをホルミシス効果と言います。
尿から尿酸を排出させるということから、「痛風の湯」とも呼ばれることもあります。
<効能について>
動脈硬化、神経痛、慢性婦人疾患、高血圧などに良いとされています。
飲泉は、痛風、胆石症に良いとされています。
<温泉例>
岡山県の三朝温泉、
山梨県の増富温泉、
広島県の養老温泉などがあります。

 

■重曹泉■
<特徴について>
無色透明です。入浴で皮膚の角質層を柔らかくし乳化させます。そのため、「美肌の湯」とも呼ばれています。そんな温泉が多くあります。
また、入浴後の水分の発散が盛んです。冷感を覚えるので、「冷の湯」とも呼ばれているそうですよ。
<効能について>
切り傷、ヤケド、美肌、皮膚病などに効果があります。
飲泉では、胃酸を中和させます。そのため、慢性胃炎や胃潰瘍に効果があります。
<温泉例>
北海道の支笏湖温泉、
群馬県の嬬恋温泉、
和歌山県の川湯温泉や龍神温泉、
熊本県の人吉温泉があります。

 

■重炭酸土類泉■
<特徴について>
鎮静作用があります。
炎症や痙攣を抑える効果があります。
<効能について>
火傷、切り傷、皮膚病などに良いとされています。
飲泉は、尿の中の尿酸を排泄させる作用があります。それにより尿管結石や痛風、膀胱炎などへの効果が期待できます。また、血糖値を抑える作用があることから糖尿病、胃の中の酸の中和作用から慢性胃腸障害などに効果があるとされています。
<温泉例>
長野県の高峰温泉、
群馬県の鳩の湯温泉、
新潟県の赤倉温泉、
千葉県の御宿温泉があります。

 

温泉の基礎知識記事一覧

泉質について

その他にも、温泉のお湯の特色を表すものに、「泉質」というものがあります。ご存知ですか!?「泉質」は、含まれている温泉成分の違いにより決まります。温泉分析書については...

鉱泉の分類について

今回は、鉱泉の分類について説明します。参考にしてみてください。まず鉱泉の分類方法は、3種類あります。『泉温度による分類について』泉温度は、鉱泉が地上に湧出した時の温...

分類項目によるお湯の違いについて(浸透圧)

今回は、浸透圧によるお湯の違いについて説明します。参考にしてみてください。そもそも、浸透圧という言葉自体、日常生活には馴染みのない言葉だと思います。※ 「浸透圧」とは物...

分類項目によるお湯の違いについて「温度・pH値」

温泉は、「浸透圧」・「泉温度」・「水素イオン濃度(pH値)」によって分類されています。これらの項目は、実際に温泉のお湯にどういった影響を及ぼしているのでしょう。『泉温度...

温泉名と泉質別特徴(1)

掲示用泉質名による泉質別に、その効能と特徴、代表的な温泉名を紹介していますのでご覧下さい。『酸性泉』<特徴について>日本特有の泉質です。一般的には高温で酸味がします...

温泉名と泉質別特徴(2)

『含銅・鉄泉』鉄泉と同様に、湧出直後は無色透明なお湯になっていますが、水中の金属成分の酸化することで黄色になります。高血圧症などに効果があると言われています。泉質の一つ...

温泉名と泉質別特徴と温泉名−(3)

『硫黄泉』<特徴について>一番の特徴としては、硫化水素ガスによる卵が腐ったような臭いがすることですね。(汗)また、湧出直後、無色透明なお湯ですが、空気に触れることで酸化...

温泉名と泉質別特徴(4)

『硫酸塩泉』<特徴について>日本には多い泉質になります。無色透明なのですが、苦味のあるお湯にないります。薬用効果が高いですね。古来よりその多くが「傷の湯」、「脳...

温泉名と泉質別特徴(5)

『塩化物泉』<特徴について>単純温泉と並んで、日本では多い温泉となります。無色透明です。塩辛く、肌がべとつきや、石鹸が泡立たないことがあるお湯にないります。皮膚...

温泉名と泉質別特徴(6)

『炭酸水素塩泉』ナトリウムイオンを含む重曹泉です。あとマグネシウムイオンやカルシウムイオンを含む重炭酸土類泉に分類されます。■放射能泉■<特徴について>ラドン温...