温泉の成分効能ガイドTOP > 泉質と特徴 > 温泉名と泉質別特徴(1)

温泉名と泉質別特徴(1)について

 

掲示用泉質名による泉質別に、その効能と特徴、代表的な温泉名を紹介していますのでご覧下さい。
『酸性泉』
<特徴について>
日本特有の泉質です。
一般的には高温で酸味がします。強い酸性を示すので刺激の強いお湯になります。
殺菌効果が高いので、「直しの湯」「仕上げの湯」とよばれることもあります。
湿疹、水虫、慢性皮膚病に効果があります。
その反面、刺激の強いことから、特にマタやヘソ、ワキなどに湯ただれを起こすこともありますので、肌の弱い方は注意が必要ですね。
<効能について>
皮膚病、疥癬、トリコモナス膣炎などです。
飲泉では慢性消化器疾患に効果があると言われています。
<温泉例>
群馬県の草津温泉、
福島県の岳の湯温泉、
長野県の蓼科温泉などがあります。

 

『単純温泉』
<特徴について>
温泉成分の含有量が少ないです。そのため、刺激の少なく肌に優しいです。ですから、高齢者や肌の弱い人でも安心して入浴できます。
あと、外傷後の療養や病後回復期にも良いとされています。
無色透明、無味無臭のお湯です。
日本では一番数の多い温泉になります。
「名湯」とされる温泉の多くは、この泉質になります。
pH8.5以上のお湯ですと、「アルカリ性単純泉」になります。
<効能について>
筋肉痛、腰痛、関節痛、神経痛、肩こり、疲労回復、ストレスなどによい。
<温泉例>
<アルカリ性単純泉>・以下参照
栃木県の鬼怒川温泉、
群馬県の老神温泉、
新潟県の越後湯沢温泉、
長崎県の沓掛温泉・上諏訪温泉・浅間温泉・大町温泉郷・白馬八方尾根温泉、山梨県の石和温泉などがあります。

 

<単純温泉>・以下参照
北海道の阿寒湖畔温泉
岐阜県の下呂温泉、
群馬県の伊香保温泉、
長野県の鹿教湯(かけゆ)温泉、
神奈川県の強羅温泉などがあります。

 

温泉の基礎知識記事一覧

泉質について

その他にも、温泉のお湯の特色を表すものに、「泉質」というものがあります。ご存知ですか!?「泉質」は、含まれている温泉成分の違いにより決まります。温泉分析書については...

鉱泉の分類について

今回は、鉱泉の分類について説明します。参考にしてみてください。まず鉱泉の分類方法は、3種類あります。『泉温度による分類について』泉温度は、鉱泉が地上に湧出した時の温...

分類項目によるお湯の違いについて(浸透圧)

今回は、浸透圧によるお湯の違いについて説明します。参考にしてみてください。そもそも、浸透圧という言葉自体、日常生活には馴染みのない言葉だと思います。※ 「浸透圧」とは物...

分類項目によるお湯の違いについて「温度・pH値」

温泉は、「浸透圧」・「泉温度」・「水素イオン濃度(pH値)」によって分類されています。これらの項目は、実際に温泉のお湯にどういった影響を及ぼしているのでしょう。『泉温度...

温泉名と泉質別特徴(1)

掲示用泉質名による泉質別に、その効能と特徴、代表的な温泉名を紹介していますのでご覧下さい。『酸性泉』<特徴について>日本特有の泉質です。一般的には高温で酸味がします...

温泉名と泉質別特徴(2)

『含銅・鉄泉』鉄泉と同様に、湧出直後は無色透明なお湯になっていますが、水中の金属成分の酸化することで黄色になります。高血圧症などに効果があると言われています。泉質の一つ...

温泉名と泉質別特徴と温泉名−(3)

『硫黄泉』<特徴について>一番の特徴としては、硫化水素ガスによる卵が腐ったような臭いがすることですね。(汗)また、湧出直後、無色透明なお湯ですが、空気に触れることで酸化...

温泉名と泉質別特徴(4)

『硫酸塩泉』<特徴について>日本には多い泉質になります。無色透明なのですが、苦味のあるお湯にないります。薬用効果が高いですね。古来よりその多くが「傷の湯」、「脳...

温泉名と泉質別特徴(5)

『塩化物泉』<特徴について>単純温泉と並んで、日本では多い温泉となります。無色透明です。塩辛く、肌がべとつきや、石鹸が泡立たないことがあるお湯にないります。皮膚...

温泉名と泉質別特徴(6)

『炭酸水素塩泉』ナトリウムイオンを含む重曹泉です。あとマグネシウムイオンやカルシウムイオンを含む重炭酸土類泉に分類されます。■放射能泉■<特徴について>ラドン温...