温泉の成分効能ガイドTOP > 泉質と特徴 > 分類項目によるお湯の違いについて「温度・pH値」

分類項目によるお湯の違いについて「温度・pH値」について

 

温泉は、「浸透圧」・「泉温度」・「水素イオン濃度(pH値)」によって分類されています。
これらの項目は、実際に温泉のお湯にどういった影響を及ぼしているのでしょう。

 

『泉温度について』
入浴する際、入浴施設において加熱や加水などが行われることもあります。
湧出時の泉温度自体の影響はあまりないようですね。

 

『水素イオン濃度について』
水素イオン濃度は、物質のアルカリ性、酸性の度合いを示す数値のことになります。
※ 「 pH 」(ペーハー)という記号で表されます。
特にpH値の範囲は存在するわけではありません。しかし、日本の教育では0から14の範囲で変わるとされています。
中間にあたるpH7が中性となります。それよってもpH値が低くなるほど酸性度は強くなります。その逆で、pH値が大きくなると、アルカリ性度が強くなります。
温泉のお湯のpH値による違いについてですが、pH値が低いほど肌にピリピリと感じますが、それに対してpH値が高くなるとヌルヌルとした感触になります。
これは、人間の皮膚が温泉のお湯で化学反応を起こしていることが挙げられます。
※ ご心配なく、どちらのお湯も、皮膚の角質を落とすという作用には変わりありません。
酸性のお湯では、水素イオンによって皮膚の角質部分が分解、そして除去される化学反応がおこります。それにより角質が痂皮化するとされています。
一方、アルカリ性のお湯の場合、水素イオンよりも濃度が高い水酸化物イオンにより、角質の分解と除去という化学反応が起こります。そして、角質は浸潤していきます。
これが、お湯に浸かった時のピリピリ感、またはヌルヌル感に繋がっています。
中間である「中性泉」については、肌触りの良いサラサラとした感触になります。

 

温泉の基礎知識記事一覧

泉質について

その他にも、温泉のお湯の特色を表すものに、「泉質」というものがあります。ご存知ですか!?「泉質」は、含まれている温泉成分の違いにより決まります。温泉分析書については...

鉱泉の分類について

今回は、鉱泉の分類について説明します。参考にしてみてください。まず鉱泉の分類方法は、3種類あります。『泉温度による分類について』泉温度は、鉱泉が地上に湧出した時の温...

分類項目によるお湯の違いについて(浸透圧)

今回は、浸透圧によるお湯の違いについて説明します。参考にしてみてください。そもそも、浸透圧という言葉自体、日常生活には馴染みのない言葉だと思います。※ 「浸透圧」とは物...

分類項目によるお湯の違いについて「温度・pH値」

温泉は、「浸透圧」・「泉温度」・「水素イオン濃度(pH値)」によって分類されています。これらの項目は、実際に温泉のお湯にどういった影響を及ぼしているのでしょう。『泉温度...

温泉名と泉質別特徴(1)

掲示用泉質名による泉質別に、その効能と特徴、代表的な温泉名を紹介していますのでご覧下さい。『酸性泉』<特徴について>日本特有の泉質です。一般的には高温で酸味がします...

温泉名と泉質別特徴(2)

『含銅・鉄泉』鉄泉と同様に、湧出直後は無色透明なお湯になっていますが、水中の金属成分の酸化することで黄色になります。高血圧症などに効果があると言われています。泉質の一つ...

温泉名と泉質別特徴と温泉名−(3)

『硫黄泉』<特徴について>一番の特徴としては、硫化水素ガスによる卵が腐ったような臭いがすることですね。(汗)また、湧出直後、無色透明なお湯ですが、空気に触れることで酸化...

温泉名と泉質別特徴(4)

『硫酸塩泉』<特徴について>日本には多い泉質になります。無色透明なのですが、苦味のあるお湯にないります。薬用効果が高いですね。古来よりその多くが「傷の湯」、「脳...

温泉名と泉質別特徴(5)

『塩化物泉』<特徴について>単純温泉と並んで、日本では多い温泉となります。無色透明です。塩辛く、肌がべとつきや、石鹸が泡立たないことがあるお湯にないります。皮膚...

温泉名と泉質別特徴(6)

『炭酸水素塩泉』ナトリウムイオンを含む重曹泉です。あとマグネシウムイオンやカルシウムイオンを含む重炭酸土類泉に分類されます。■放射能泉■<特徴について>ラドン温...