温泉の成分効能ガイドTOP > 温泉の基礎知識 > 温泉法:『温泉の定義』

温泉法:『温泉の定義』について

 

今回は、温泉法に掲げられている「温泉の定義」について説明しますので参考にしてみてください。

 

<温泉法の第1章・第2条について>
温泉を、「地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気その他のガス(主成分の炭化水素となる天然ガスは除く)」であることに加え、以下の条件にどちらかに当てはまるものと定義します。
●以下の19種類の物質が一つ以上、1kg中に規定量以上に含まれる。
●温泉源から採取される際の温度が、摂氏25度以上。
※ 総硫黄が1mg以上。
※ メタホウ酸が5mg以上。
※ メタけい酸が50mg以上。
※ ラドン20×10-10Ci以上。
※ ラジウム塩1億分の1mg以上。
※ 遊離炭酸が250mg以上。
※ リチウムイオンが1mg以上。
※ ストロンチウムイオンが10mg以上。
※ バリウムイオンが5mg以上。
※ フェロ又はフェリイオンが10mg以上。
※ 第一マンガンイオンが10mg以上。
※ 水素イオンが1mg以上。
※ 臭素イオンが5mg以上。
※ 沃素イオンが1mg以上。
※ フッ素イオンが2mg以上。
※ ヒ酸水素イオンが1.3mg以上
※ メタ亜ひ酸が1mg以上。
※ 重炭酸ソーダが340mg以上。
※ 溶存物質(ガス性のものを除く)総量1000mg以上。

 

分かりやすく言い換えると、地中から湧出する時の温度が25度以上の「お湯」なら無条件に「温泉」と言えます。また、19種類の物質のうち一つでも含まれていれば、気温以下の冷たい温度でも、「温泉」と言うことになります。

 

このように書き直したものをご覧になった方は、意外に思われたと言う人が多いのではないでしょうか。
温泉成分の含まれない場合、水温が25度以上あれば温泉とされるなら、「大きな湯船のある入浴施設」を「温泉」としてきた考え方も、間違いではないということですよね。(笑)

 

温泉の基礎知識記事一覧

「温泉法」についての概要

温泉について定められた、「温泉法」があります。今回は、その温泉法についてまとめてみましたので参考にしてみてください。温泉法は昭和23年7月10日に公布されました。そ...

温泉法:『温泉の定義』

今回は、温泉法に掲げられている「温泉の定義」について説明しますので参考にしてみてください。<温泉法の第1章・第2条について>温泉を、「地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気...

鉱泉について説明します!

多くの方は、鉱泉を「冷たいが、鉱物を多量に含む湧き水」、温泉を「温かい湧き水」と考えているのではないでしょうか。しかし、環境庁が定めている「鉱泉分析法指針」では、鉱泉の定義を、...

療養泉について

温泉に浸かることは身体に良いと言われていますよね。あなたは温泉は好きですか!?温泉が嫌いという人はなかなかいないと思います。そんな中で、特に「療養泉」に分類される温泉が...

旧泉質名

昭和54年以前のいわゆる「旧泉質名」の方が年配の方などは馴染みが深いという方が多いですね。このことを考慮してか、温泉分析書には旧泉質名も併記するようにしているそうです。環境省も...

掲示用泉質名

「掲示用泉質名」には、沢山の種類があります。なんと11種類です。掲示が義務付けられている温泉分析書に関してですが、この掲示用泉質名で明記することになっているので、今では一番目に...

新旧泉質名対照表について

主な新旧の泉質名を対照させましたのでご覧下さい。先 「旧泉質名」と後 「新泉質名」となっています。※ 掲出の<>内は、掲示用新泉質名となります。泉質名が、どういう風に変...

温泉の効能について

日本での温泉の文化の原点としては、温泉の持つ治癒力に着目した療養の為の利用にあったと思われます。温泉がケガや病気を癒したという伝説があります。それが日本各地で見られるのもその為...

温泉療法

日頃のストレスや疲れを解消する為の温泉地へ行かれる方は結構多いと思います。何も考える事なく、好きな時に好きな時間だけ、のんびりと温泉に浸かることで、確かに癒されますよね。(笑顔...

飲泉の紹介

温泉療法には色々な方法がありますが、その一つの方法として、温泉のお湯を飲む「飲泉」があります。ご存知ですか!?お湯を飲むことで、温泉成分を身体の中から直接吸収します。日...

鉱泥浴の紹介

あなたは、鉱泥浴(こうでいよく)をご存知ですか!?簡単に説明しますごとは、泥湯のことです。鉱泥浴(こうでいよく)は、温泉成分の含まれている泥を利用して入浴します。女性の...

安全な入浴方法の紹介

温泉は、身体に良い、様々な効果があるとされています。ご存知の方も多いと思います。入浴中に心筋梗塞や脳卒中などが発生してしまうことがあるのも事実です。(汗)また、温泉地に限っ...

温泉に関する資格について

最近は、色々な検定が流行っているようですが、ウルトラ検定や家事検定、御当地検討など、様々な検定があります。(笑顔)あまり知られていないようですが、温泉にも、色々な検定があるんで...